暑中お見舞い申し上げます。

2014 年 8 月 6 日


暑中お見舞い申し上げます。

群馬県の東部、私や私の牛達が住んでいる所は、毎日、40度近い日が続いています。
牛達は、こんな信じられない猛暑の中、本当によく頑張ってくれています。

もちろん、大型扇風機も、ミストも全開にしていますが。
松井牧場4
もう少しだけ、暑さの峠を越えるまで、頑張ってほしいと願いつつ、祈るような気持ちで日々過ごしております。

こんな暑さの中 、嘆いてばかりいては、自分らしくないし牛達に笑われてしまうので、牛の応援を借りて元気をだそうと思います。

題して、「ハートな牛」
松井牧場3
松井牧場2
顔に白いハート柄がある、ラモンちゃんの紹介です。

このラモンという牛は、平成17年10月26日に初妊牛として当牧場にやって来ました。そして平成18年1月7日に初産を分娩して、その後、大病もせずに今に至っています。
松井牧場1
生年月日、平成15年12月22日というには、当牧場で現在生存している牛達の中では、4番目の御長寿になります。
昨年の11月29日に8産目をお産して、すでに妊娠中で今年の12月8日に9産目を予定しております。

10 歳にして、8産というのは、「おみごと!!」と大きな声で褒めたくなりますし、飼い主として、頭が下がるばかりです。
しかも、9産目がお腹にいるって事は、酪農家の人なら、その凄さに敬服すること間違いなしだと思います。

お腹の中の赤ちゃんの父親は、ホルスタイン種なので、無事にメスを出産するような事になれば、当牧場の仲間として生きていくことになるので、その様子は、この場で皆様に御報告していきます。

ページトップ